快適化のためにやっておきたい窓リフォーム、効率よく費用をお得にリフォームするタイミングとは

快適化のためにやっておきたい窓リフォーム、効率よく費用をお得にリフォームするタイミングとは

気持ちのいい光や風は上手に取り入れつつ、冬は暖かく夏は涼しく、快適に暮らすためにやっておきたい窓のリフォームをご紹介します。窓リフォームは暖房光熱費の削減にもつながります。また窓まわりを効率よく、費用をお得にフォームするなら、外壁リフォームのタイミングがお勧めです。

光と風をコントロール!窓を見直せば快適に暮らせる

快適化のためにやっておきたい窓リフォーム、効率よく費用をお得にリフォームするタイミングとは

住いの快適化には、窓から出入りする光や風、熱、そして視線をコントロールすることが大切です。

窓は、家の外と内をつなぐ部位です。屋外からは太陽の光や風を取り入れ、屋内からは外の景色を眺めるなど、毎日を清々しく気持ちよく暮らすために、窓は欠かせない存在です。

ただし窓は、夏の西日の熱気や冬の冷気、外からの視線など、余計なものも入り込んできやすい部位でもあります。心地よく暮らすコツは、光や風、視線を上手にコントロールできるようにしておくこと。窓を見直すと、毎日を便利に快適に暮らせるようになります。

また窓のリフォームは外壁工事とのかかわりが大きいので、タイミングを間違えると、費用や工期がかさんでしまうことも。費用を節約してお得にリフォームするためには、時期の見極めがポイントです。

冬に暖かく、お得に過ごすための窓リフォーム

快適化のためにやっておきたい窓リフォーム、効率よく費用をお得にリフォームするタイミングとは

窓は熱の出入り口です。冬に窓の近くが寒く感じられるようなら、窓の断熱性能が低い可能性があります。

窓は熱の出入り口です。冬になると窓際に近付くと寒い、窓に結露をするといったことが起きていたら、窓の断熱性能が低いことが原因です。

冷気の多くは窓から侵入してきています。いくら暖房を付けても、窓の断熱性能が低いままでは、エネルギーの無駄遣いに。

つまり窓の断熱性能を向上させれば、外からの冷気の侵入を防ぎ、寒い冬でも小さなエネルギーで家の中を暖かく保ち続けることができるようになります。もちろん、暖房光熱費の節約にもなります。

リフォームの方法は、内窓を取り付けて二重サッシにする、高断熱ガラスを入れた樹脂窓に交換するなどがあります。樹脂窓はアルミに比べて断熱性能に優れているので、冬の寒さを防ぎやすくなります。

窓の断熱リフォームをしたら、暖房光熱費が削減できたという声は多いもの。窓からの寒さを感じたら、早めに計画を立てれば、それだけエネルギーの節約ができ、家計にも地球にも優しい住まいになります。

夏に涼しく、快適に過ごすための窓リフォーム

快適化のためにやっておきたい窓リフォーム、効率よく費用をお得にリフォームするタイミングとは

夏の暑さを防ぐ場合は、窓の外側から日よけを付けるのが効果的。2階の小窓に取り付けできる手軽なロールスクリーンタイプもあります。

窓は光の出入り口です。日当たりのよい部屋は気持ちがいいものですが、「夏になると窓際に近付くと暑い」、「西日が差し込んでモワっとする」、といったようなことが起きていたら、窓の遮熱性能が低いことが原因です。

夏の暑さの主な原因は、太陽からの「日射熱」によるものです。日射熱が当たった窓や床、壁は蓄熱し、暑さの源になります。炎天下に置いてあった車に乗ると、シートやハンドルが熱くなり、エアコンをつけてもなかなか冷えないのと同じ原理です。

これを輻射熱といい、家の中の暑さの原因になっています。対策方法は、日射熱を防ぐために直射日光を遮ることにあります。つまり窓に遮熱対策をすれば暑さを防ぐことができ、エアコンも効きやすくなるので、快適に過ごしながら電気代の節約ができます。

効果的なリフォームの方法は、窓の外側から日射熱を防いで、窓そのものが蓄熱しないようにすることです。最近は窓の外側に手軽に取り付けることができる、日よけのロールスクリーンやオーニングが充実していますので、日差しが入り込みやすい窓に取り付けておくといいでしょう。

窓に遮熱性能を持つガラスを使用する方法もあります。窓の交換をするなら、樹脂窓を選び、断熱・遮熱性能に優れたガラスを選んでおけば、冬も夏も快適になります。

部屋をスッキリ明るくする、位置を見直す窓リフォーム

快適化のためにやっておきたい窓リフォーム、効率よく費用をお得にリフォームするタイミングとは

明るさを確保したいなら、窓は高い位置に。天窓は部屋を明るくする効果が高い窓です。

部屋を明るくしたい、太陽の光を取り入れたいなら、窓の位置を高くするのが効果的です。窓は高い位置にあるほど、部屋の中を明るくする効果があります。

築年数が古い住宅では、窓の高さが1.8mほどのこともあり、部屋内が暗く感じられることがあります。そんな時は、今ある窓の上にランマ窓を付ける、背の高い窓に交換するなどのリフォームで、部屋の中を明るくすることができます。

屋根に取り付ける天窓、トップライトも部屋を明るくする効果があります。建築基準法では、天窓は一般的な窓に比べて3倍の明るさが確保できるとして計算をします。

ただし天窓を南向きの屋根に取り付けると、日射熱を取り込み過ぎて、夏に暑くなり過ぎてしまうことも。窓の計画で大事なことは、熱と光のコントロールですから、専門家と相談をしながら上手に計画を進めましょう。

他人の視線が気にならなくなる、目隠しを取り付ける窓リフォーム

快適化のためにやっておきたい窓リフォーム、効率よく費用をお得にリフォームするタイミングとは

風通しを確保しながら、視線をカットする外付けの目隠し部材もあります。

窓は視線も通ります。家の中からキレイな景色が見えるのであればいいのですが、外部からの視線が気になってしまうこともあります。

気付きにくいのが吹き抜けの階段の窓です。光を取り入れるために、大きな窓を取り付けたら、上り下りするたびにご近所や通行人から丸見えになってしまったケースも。

視線対策には、内側にブラインドを取り付ける、窓ガラスを不透明なタイプに交換するなどの方法があります。また、窓の外側に取り付ける目隠し用の部材もあります。他にも植物を植えたり、フェンスを取り付けたりなど、エクステリアのリフォームで対策する方法もありますので、まずは外からどのように見えるのか、改めて視線の確認をしてみましょう。

リフォーム事例:窓と外壁は一緒に工事をすると費用をお得に美しく仕上がる

<リフォーム前>

快適化のためにやっておきたい窓リフォーム、効率よく費用をお得にリフォームするタイミングとは

<リフォーム後>

快適化のためにやっておきたい窓リフォーム、効率よく費用をお得にリフォームするタイミングとは

窓は高性能の樹脂サッシ、外壁は高耐久な樹脂サイディングを使ってリフォーム。玄関ドアも新しくして外観イメージが一新しました。これなら安心して長く快適に暮らせそうです(ヤマミチ建築設計事務所

窓のリフォームの際には、外壁の補修や足場が必要になることが少なくありません。また窓を工事したことで、外壁が切り張りになってしまうと見た目もよくないものです。

外壁のリフォームでは足場を架けます。外壁と窓を一緒に工事すれば、足場を共通で使用できるので効率よく、また外壁の補修などの手間を減らすことができるので、費用を削減しつつ美しく仕上げることができます。もちろん工事期間の短縮にもなります。

窓リフォームは外壁との同時工事が費用的にお得になることが多いもの。リフォームはまとめて工事することによるメリットが大きいのが特徴です。一緒に工事をすることでメリットがあるものを見逃さないよう、上手に計画を立てましょう。

下記に外壁のリフォームと窓のリフォームを同時に行なうことで、築30年の住まいを費用的にもお得に快適化したリフォーム事例をご紹介しています。合わせてご覧になってみてください。

快適化のためにやっておきたい窓リフォーム、効率よく費用をお得にリフォームするタイミングとは

築30年でやっておきたいリフォーム。間取りや設備、外まわりなど押さえておきたい3つのポイント

2021.10.14
快適化のためにやっておきたい窓リフォーム、効率よく費用をお得にリフォームするタイミングとは

外壁リフォームの悩みに答えます!足場は本当に必要?足場活用でこんなにステキな我が家に

2020.03.27

 

著者プロフィール

快適化のためにやっておきたい窓リフォーム、効率よく費用をお得にリフォームするタイミングとは

Yuu(尾間紫)
一級建築士/インテリアプランナー/インテリアコーディネーター/マンションリフォームマネジャー

長年リフォーム業界の第一線で、数多くの住宅リフォームの相談、プラン設計、工事に携わってきた経験から、本当に価値あるリフォームについて皆さまにお話します。過去を繕うものではなく、未来の暮らしを創る「リライフのリフォーム」を提唱。実践的なリフォームのノウハウを、テレビや雑誌、新聞連載、講演などを通して発信中です。著書に『リフォームはこうしてやりなさい(ダイヤモンド社)』など。Webサイト「リフォームのホント・裏話」(http://www.ne.jp/asahi/net/rehome/)でリフォームの実践的なノウハウを公開中