DIYで建てるおしゃれな「小屋キット」で、おうち時間をめいっぱい楽しむ

DIYで建てることができるセミオーダーの「小屋キットTINY」は、物置きとしてではなく、暮らしを豊かに充実させるためのスペースとして使って欲しい、そんな思いを込めて開発されました。

今回は、カバードポーチやウッドデッキが標準装備された、おしゃれなアメリカンデザインの小屋キットをご紹介します。

おうち時間をより豊かに充実させてくれる「小屋」の魅力

DIYで建てるおしゃれな「小屋キット」で、おうち時間をめいっぱい楽しむ

「小屋キットTINY」は、カバードポーチとウッドデッキがセットになったアメリカンなデザイン。カバードポーチとは、屋根付きのテラスのこと。暮らしを豊かにしてくれるスペースですから、デザインもおしゃれに。

おうち時間が増え、毎日の暮らしを充実させるためのアイデアが必要な時代です。中でも注目されているのは、エクステリアを活用した新しい空間づくりです。

「小屋キットTINY」は、物置きではなく、豊かな時間を過ごすためのスペースとして開発されたものです。その特徴や魅力について、開発を手掛けた株式会社ネオ・クラフトの代表取締役である新原貴之氏に伺いました。

新原氏によると「もともと小屋のニーズは、コロナ禍前からありました」とのこと。趣味の部屋やガレージ、バイク小屋などで小屋が欲しいという声が掛かることは少なくなかったそうです。

そうはいっても、かつての小屋というと物置然としたスチール製か、耐久性の低い木製が多く、デザインもおしゃれとは言えないものでした。また見栄えがいいものを探すと海外製品になり、サイズ展開が少ないなどの悩みがありました。

それならということで、手軽に建てられてサイズのオーダーがしやすく、また高耐久でデザイン性に優れた小屋を開発、「小屋キットTINY」が生まれました。

組み立てを楽しめるDIYキット、メンテナンス不要の高耐久な小屋

DIYで建てるおしゃれな「小屋キット」で、おうち時間をめいっぱい楽しむ

「小屋キットTINY」組み立て中の様子。この後、サイズに合わせてカットされた樹脂サイディングを張って小屋部分を仕上げていきます。製品販売価格は写真の2.1m×3.2mで78万円(標準仕様)

「小屋キットTINY」は、基本サイズ1.8×1.8m~2.1×3.2m、アイアンウッド製のウッドデッキ1.1×3.3mと、ドアの前に大きく張り出したアメリカンスタイルのカバードポーチが標準仕様でついています。

こだわったのは、DIYでも組み立てが可能であること、規格サイズ以外のオーダーが可能であること、そしてメンテナンスが楽で高耐久であることです。

DIYは組み立て動画を見ながら楽しめるようになっていますが、難しい人には別途組み立てサービスがあり、今後は完成品もリリースする予定だそうです。

外壁は発色が美しく、再塗装が不要で色あせに強く、高耐久な樹脂サイディングを使用。樹脂サイディングなら軽いので楽に取り扱いができます。

玄関ドアは木調のアルミ製、開閉が可能なアルミサッシが標準装備されているなど、小屋とは思えないほどの充実ぶり。これなら快適な小屋ライフが送れそうです。

カバードポーチ・ウッドデッキ付き、おしゃれなアメリカンデザイン

DIYで建てるおしゃれな「小屋キット」で、おうち時間をめいっぱい楽しむ

アメリカンスタイルの家に欠かせないラップサイディングの外壁にカバードポーチ付き。ウッドデッキはお手入れがラクなアイアンウッド製です。

小屋の周囲に設置されたウッドデッキは高耐久木材のアイアンウッド製です。「耐久性にこだわったので、ウッドデッキの素材にもアイアンウッド製を選びました。これなら水と腐食に強いので基本的にはメンテナンスは不要です」と新原氏。

DIYで建てるおしゃれな「小屋キット」で、おうち時間をめいっぱい楽しむ

内部の様子。床のフローリングは標準仕様で、壁や天井は使用目的に合わせて仕上げられます。断熱材を入れたり、エアコンを取り付けたりすることも可能です。

こちらの写真は、展示場に実際に建てられている「小屋キットTINY」の内部の様子です。2.1m×3.2mサイズなので、広さは4畳程度で、ちょうどいいプライベートスペースになりそう。

壁や天井に断熱材を入れたり、エアコンを設置したり、本格的な居住スペースとしても使えますから、趣味の部屋や仕事場としても使えます。

新原氏によると、ミニ店舗としての需要もあり、バイク部屋や庭いじりのための休憩スペースのために建てた人もいるそうです。

続々と新製品を企画中、展示場で実物に触れることも

DIYで建てるおしゃれな「小屋キット」で、おうち時間をめいっぱい楽しむ

海沿いにオープンしたウッドデッキの展示場。こちらに「小屋キットTINY」も建てられています(見学希望の場合は、事前の連絡が必要になります)

「この小屋は物置きではなく、暮らしを楽しくするスペースとして使って欲しい」と新原氏。今後は組み立て済みの製品の開発や、全国にこの小屋の楽しさを広げていきたいとのことでした。

楽しみは家の中に見つける時代、小屋で暮らしを一層豊かに楽しんでみるのもよさそうです。

「小屋キットTINY」

  • 価格:各種規格サイズによりベース価格を設定
  • 販売方法:インターネットによるオーダー製作販売
  • 販売店:株式会社ネオ・クラフト
  • 所在地:千葉県大網白里市駒込1569
  • 代表者:新原貴之

https://www.neo-craft.biz/

 

著者プロフィール

DIYで建てるおしゃれな「小屋キット」で、おうち時間をめいっぱい楽しむ

Yuu(尾間紫)
一級建築士/インテリアプランナー/インテリアコーディネーター/マンションリフォームマネジャー

長年リフォーム業界の第一線で、数多くの住宅リフォームの相談、プラン設計、工事に携わってきた経験から、本当に価値あるリフォームについて皆さまにお話します。過去を繕うものではなく、未来の暮らしを創る「リライフのリフォーム」を提唱。実践的なリフォームのノウハウを、テレビや雑誌、新聞連載、講演などを通して発信中です。著書に『リフォームはこうしてやりなさい(ダイヤモンド社)』など。Webサイト「リフォームのホント・裏話」(http://www.ne.jp/asahi/net/rehome/)でリフォームの実践的なノウハウを公開中

※記事内容は執筆時点のものであり、予告なく変更される場合があります。最新情報をご確認ください。