悩みはサッシと外壁の色合わせ!サッシのカラー別『美しく映える外壁の色選び方法』

外壁リフォームで悩みの種になりがちなのが、サッシと外壁との色合わせです。リフォームの場合、新築と違って色が新しくなる部分と、元のまま変わらない部分が存在します。サッシは変えないことが多いため、選んだ外壁の色によっては、ちぐはぐな印象になってしまうこともあります。

せっかくリフォームをしてきれいな外壁にするなら、サッシとしっかりカラーコーディネートして、センス良く決めましょう。

際立たせる?溶け込ませる?同じサッシでも外壁が違うとこんなに変わる

サッシを際立たせる?それとも溶け込ませる?
同じ白のサッシでも選ぶ外壁の色でこれほどイメージが変わるのが、外壁リフォームの醍醐味です。

サッシの色には流行があり、時代によって人気色が異なります。最近の人気は、グレーやシルバーなどの軽やかな色合いです。他には、白、黒、茶などがあります。

同じサッシでも外壁の色選び次第で、様々なイメージの外観が作れます。上の写真は、1階は白のサッシとくすんだ濃いブルーの樹脂サイディングの外壁を組み合わせ、サッシがくっきりと際立ち華やかな印象があります。2階は同じ白のサッシに白い外壁を組み合わせ、サッシが外壁に溶け込んでエレガントな印象になっています。

ちなみに、こちらの写真では、サッシの周囲に大きな縁取りを付けアクセントにしているので、サッシの存在感が更に際立っています。輸入住宅などで窓の縁取りが太い家を見ることがあるかと思いますが、あれは窓の周囲にモールと呼ばれる枠飾りを付けたものです。モールで装飾を施すと華やかな邸宅風のデザインになり、驚くほど外観の印象が一新します。

モールの取り付けは、外壁リフォームの際に一緒に行えば意外と簡単です。しかし、後で別に工事をしようとすると、改めて足場が必要になったりして金額もかさんでしまうので、チャンスを逃さないようにしましょう。

グレーやシルバーのサッシは寒色系と相性バツグン!洗練されたモダンイメージを作る人気色

グレーやシルバーのサッシは、今、人気のカラーです。お勧めは寒色系の外壁との組み合わせ。 スタイリッシュな外観イメージが作りやすい色です。

グレーやシルバーのサッシは、今、人気のカラーです。お勧めは寒色系の外壁との組み合わせ。
スタイリッシュな外観イメージが作りやすい色です。

サッシのカラー別に、美しく映える外壁の色選び方法をご紹介しましょう。まずは今人気のグレーやシルバーのサッシです。相性が良いのは、白、グレー、黒、そして濃いブルーなどの寒色系の外壁です。グレーやシルバーのサッシはシンプルで軽やかな印象があるため、洗練されたモダンな外観が作れます。

グレー系のサッシで注意したいのが、ベージュなど淡い暖色系の外壁の色との組み合わせです。組み合わせ方によっては、お互いの良さを消しあってしまうことも。難しいコーディネートなので、リフォームの際には実際のサンプルを確認しながら慎重に選びましょう。

白のサッシは壁の美しさを際立たせる!思い通りの外観イメージが作れる

白のサッシは、外壁の美しさを際立たせてくれます。
主役に相応しい外壁材を選ぶことが、センス良く決めるコツです。

白のサッシは、清潔感があり明るい印象を与えます。ファッションでも白は誰にでも似合い、人を美しく見せる色と言われているように、サッシも、白はモダンでもクラシックでも何でも来いの万能選手!外壁の色選び次第で、思い通りの外観イメージが作れます。

白のサッシの最大の特徴は、外壁の美しさを際立たせてくれるところ。主役に相応しい外壁材を選びましょう。緑や赤、茶、青色と言った難しい外壁の色にチャレンジしやすく、思い切った色選びができるのも、白のサッシならではです。

色選びの際に参考になるのは、自然界に存在する組み合わせです。例えば白い雲が浮かぶ青空、白い波が砕け散る青い海が美しく映える組み合わせであるように、白のサッシと濃い青色の外壁はお互いをより引立たせます。

また、白のサッシに白や淡いグレーの外壁を選べばシンプルで明るく、濃いグレーや黒い外壁なら個性的なモダンになります。さらに、洋風デザインの家なら深いグリーンや濃いオレンジなども良く似合います。我が家ならではの色選びが楽しめますね。

黒のサッシは重厚感たっぷり!モノトーンや茶色の外壁が良く映える

黒のサッシには重厚感があります。白い壁と組み合わせるとシックモダンな雰囲気に。
黒のサッシの良さを生かす外壁のカラー選びましょう。

黒いサッシの魅力は圧倒的な重厚感にあります。センス良くまとめるコツは、サッシの黒を更に引き立ててくれる外壁を選ぶこと。黒いサッシに映える外壁の色は、グレーや白などのモノトーンです。例えば上の写真では、黒のサッシに白の樹脂サイディングの外壁がスタイリッシュな印象を与えています。

茶系の外壁を選びたい場合は、ナチュラルな色合いを選ぶと、洗練された印象になります。

茶色のサッシは自然素材をイメージして!寒色系には要注意

茶色+茶色の組み合わせの際は、自然素材をイメージして選ぶと、上手にまとめることができます。
個性的でありながら、落ち着いた面持ちがあります。

茶色のサッシはコーディネートが難しいため、無難に白やベージュを選ぶことが多いようです。でもせっかくの外壁リフォームですから、ひとクラス上の色選びで素敵な我が家に変身させましょう。色選びのお手本は、先ほどと同じく自然界にあります。

茶色は自然に多く存在するアースカラーなので、土や砂、木、石などを模したデザインや同じアースカラーとの組み合わせが良く似合います。意外にステキに決まるのが茶色+茶色の組み合わせ。個性的でありながら、落ち着いた外観が作れます。

茶色のサッシで気を付けたいのが、寒色系や人工的なポップな色との組み合わせです。相性があまり良く無いので、外壁が浮き上がって見えてしまうことがありますので注意しましょう。

外壁リフォームをセンス良く決めるためには、サッシとのカラーコーディネートが欠かせません。せっかくのチャンスですから、サッシの色を活かした外壁の色選びで、更に素敵な我が家を目指してくださいね。

 

著者プロフィール

Yuu(尾間紫)
一級建築士/インテリアプランナー/インテリアコーディネーター/マンションリフォームマネジャー

長年リフォーム業界の第一線で、数多くの住宅リフォームの相談、プラン設計、工事に携わってきた経験から、本当に価値あるリフォームについて皆さまにお話します。過去を繕うものではなく、未来の暮らしを創る「リライフのリフォーム」を提唱。実践的なリフォームのノウハウを、テレビや雑誌、新聞連載、講演などを通して発信中です。著書に『リフォームはこうしてやりなさい(ダイヤモンド社)』など。Webサイト「リフォームのホント・裏話」(http://www.ne.jp/asahi/net/rehome/)でリフォームの実践的なノウハウを公開中