外壁リフォームでツートンカラーにチャレンジ!上手な分量バランスと色選び方法

外壁リフォームでツートンカラーにチャレンジ!上手な分量バランスと色選び方法

外壁リフォームの際、少しだけ冒険してツートンカラーにチャレンジしてみませんか?

我が家が見違えるように大変身します。今回は、ツートンカラーの外壁をおしゃれに決める、上手な分量バランスの整え方と、きれいに見える色選び方法をご紹介します。

ツートンカラーの外壁のメリットは、我が家だけの個性を演出できること

外壁リフォームでツートンカラーにチャレンジ!上手な分量バランスと色選び方法

ツートンカラーの外壁ならおしゃれ度アップ!我が家が見違えるように素敵に変わります。

外壁リフォームの色選びで悩む人は多いことでしょう。外壁のデザインは家全体の印象を大きく変えます。例えばシンプルな白色の壁を、濃い緑色にしてクラシックな重厚感を出したり、ベージュの壁をグレーにしてモダンな印象を強めたり。

加えてそこにもう一工夫、外壁をツートンカラーに色分けすることで、これまでにはない新しいイメージの我が家に出会うことができます。

ツートンカラーの外壁のメリットは、何といっても住まいの外観に我が家だけの個性を演出できることです。ツートンカラーは、色選びや分量バランスによって様々なデザインを作ることができ、その組み合わせは無限大!

シンプルなフォルムの家にメリハリをつけたり、輸入住宅の様な洋館風にアレンジしたり、邸宅風の重厚感を出したり、我が家だけの1クラス上の住まいづくりができます。

ツートンカラーの外壁リフォームを成功させるポイントは、色の分量バランスと色の組み合わせ方にあります。それでは、色の分量バランスの整え方からご紹介しましょう。

ツートンカラーの分量バランスは7:3、見切り材を使ってスッキリ色分け

外壁リフォームでツートンカラーにチャレンジ!上手な分量バランスと色選び方法

上下に色分けしたツートンカラーの家。下を濃い色にすることで安定感が生まれ、邸宅風の面持ちになります。
写真提供/セルコホーム旭川(小森工務店)

外壁リフォームで、ツートンカラーに色分けする場合、バランスよく見せるためには、主役の色と脇役の色を決め、主役の色を多めに配分、7:3から6:4の割合を目安に整えると、センス良く見えます。

失敗しがちなのが、5:5の同量で色分けしてしまうこと。どちらが主役かわかりにくく、散漫な印象になってしまうので注意しましょう。

色分けする位置によっても、家全体の印象は変わります。例えば上下に色分けし、下を濃い色にすれば安定感が生まれ、重厚な雰囲気が演出できます。

上の写真は、7:3のバランスで上下に色分けしています。全体をレンガ色にしてしまうと、ちょっと重苦しい印象になりがちですが、優しいクリーム色を加えることで、どっしりとした中にも華やかな外観に仕上がっています。

仕切りが無く壁の途中で区切りたい場合は、間に見切り材と呼ばれる枠を入れることで、すっきりと色分けできます。分量バランスに気を付けながら、我が家のデザインを引き立てる色の分け方を考えてみましょう。

家全体のデザインを引き立てる色分けのコツ

外壁リフォームでツートンカラーにチャレンジ!上手な分量バランスと色選び方法

爽やかな優しいクリーム色と爽やかな青色のツートンカラーの家。2色使いをすることで、家のフォルムがぐっと引き立ちます。
写真提供/グローイングホームビルド

家のデザインに合わせて、アクセントカラーを入れるテクニックもあります。例えばこの事例では、全体の壁をクリーム色にして、エントランス部分だけを爽やかなブルーでツートンカラーにすることで、家のフォルムが際立ち、品の良い爽やかさがあります。

色使いを逆にして、外壁をブルー、エントランスをクリーム色にすれば、ちょっとポップなカリフォルニア風になるなど、色の組み合わせは自由自在。我が家ならではのツートンカラーを見つけましょう。

メリハリのある色選びが、華のある外観にするポイント

ツートンカラーの外壁は、色の組み合わせにもこだわりましょう。メリハリのある色選びをするのが、おしゃれに決めるコツです。微妙に違う色を組み合わせると、ぼんやりとした印象になったり、どちらかが汚れて見えたり、継ぎ足したように見えたりすることがあります。

外壁リフォームでツートンカラーにチャレンジ!上手な分量バランスと色選び方法

白はどんな色とも相性が良い万能色なので、ツートンカラーを美しく引き立てます。発色が良い樹脂サイディングならきれいが長持ちします。
写真提供/グローイングホームビルド

色を選ぶのが難しいと感じたら、1色目にどんな色とも相性が良い白を選んでみてはいかがでしょう。もしくは、同系色のグラデーションでまとめるという手もあります。

上の事例写真は、白い樹脂サイディングとレンガ調外壁の組み合わせです。美しいコントラストで、お互いの色を更に引き立てています。ツートンカラーを美しく仕上げるためには、発色が良い外壁材を選ぶことがポイント!色あせが少なく汚れに強い樹脂サイディングなら、ツートンカラーの美しさが長持します。

シンプルな外観もツートンカラーにすることで、表情豊かな住まいになります。せっかくの外壁リフォームです。ちょっとだけ冒険して、心から満足できる家づくりを楽しんでくださいね。

 

著者プロフィール

外壁リフォームでツートンカラーにチャレンジ!上手な分量バランスと色選び方法

Yuu(尾間紫)
一級建築士/インテリアプランナー/インテリアコーディネーター/マンションリフォームマネジャー

長年リフォーム業界の第一線で、数多くの住宅リフォームの相談、プラン設計、工事に携わってきた経験から、本当に価値あるリフォームについて皆さまにお話します。過去を繕うものではなく、未来の暮らしを創る「リライフのリフォーム」を提唱。実践的なリフォームのノウハウを、テレビや雑誌、新聞連載、講演などを通して発信中です。著書に『リフォームはこうしてやりなさい(ダイヤモンド社)』など。Webサイト「リフォームのホント・裏話」(http://www.ne.jp/asahi/net/rehome/)でリフォームの実践的なノウハウを公開中